2019年6月14日 ヤフーブログ閉鎖予定により https://blogs.yahoo.co.jp/amano09092004 より移行(*´∀`)

◆ぼんの「エエでなページ」 ぼん様の画像掲示板から構成されているページです。 関西圏ではJRから阪急。各私鉄まで幅広く活躍されている方で、 関西圏の車両動向を細かく観察されています。 私もたまに画像掲示板にお邪魔させて頂いております。 http://eed801. ...

以前EF64-41の場面にて紹介した関西からの「シュプール」号。 この組成は一シーズンではありましたが、平地では雪解けした 3月まで運転しておりました。しかしながら信越国境では 未だ春は遠い状況。スキー需要により多くの乗客を乗せ、 運転されていた「シュプール」号 ...

信越線のD51-498運転と言えば、秋の信濃路キャンペーンで 2008年11月に運転された「SL信越120周年」号が記憶に新しいですが、 この時の信越線での走行は14年ぶりでした。記憶が曖昧ですが14年前を 振り返ってみると恐らくこの頃の運転に当たると思われます。 「SL信越12 ...

篠ノ井のEF64が一番牽引の機会に恵まれた「白樺」「浪漫」 この日は珍しくEF64-42がマヤ34-2002を牽引。 EF64-51が「浪漫」牽引と普段と違う充当となりました。 納涼列車だと記憶していますが、夏場の信越線上りとなると、 運転区間にもよりますが、余りパッとした撮影 ...

甲種輸送や時折団体臨時列車の先頭に立ち、 篠ノ井のEF64の中でも目立った感じがあるEF64-10。 若番ながら早々にガラス押えが黒Hゴムになってしまい、 残念な感じもありましたが、貴重な板谷の生残り組です。 ガラス押えが黒Hゴム+小さなエンド表記は 最後まで余り ...

篠ノ井時代のEF64-8はようやくこの記事が初めてになります。 高崎に配置されている頃は基本的な行路も少なく、 余り汚れる事も無く状態的には綺麗な姿をしていた同機ですが、 篠ノ井に配置されたとたん広域運用に他機共々充当されるようになり、 塗装の光沢も無くなり、 ...

長野新幹線開通を控え、長野県内でもオリンピックと共に、 期待の度合いが強くなってきたのが住んでいても実感していました。 しかしながら私は当時松本人で、昔からの松本対長野の確執を 良く教え込まれていたので、同じ県内なのに何故こんなに 盛り上がりに欠けるのか ...

これも最近の類の写真になるでしょうか。 現在は高崎にEF64-36・39が、長岡にEF64-37・38が 振り分けられる直前の光景だったかと思います。 郡山入出場の久留里線キハ30・37・38の配給輸送ですが、 直流区間の新小岩~黒磯がEF65とほぼ共通で、 高崎のEF64が使用されて ...

九州への社員旅行から戻りました。 しかしながらどうやら九州を甘く見たようで 風邪をひいてしまったようです・・・ 今日は大糸線に入線した「ゆうゆうサロン岡山」です。 名古屋口から中央西・大糸線経由で信濃大町まで入線しました。 この組合せは結構あったと思うの ...

高崎に配置されながら高崎支社を抜け出し比較的広域で活躍し 専用機まで用意され注目度の高かった「くつろぎ」と「やすらぎ」ですが、 中央東線でEF64との組合せも良く見られました。基本的に高崎から 高崎線経由で大宮まで、そこから武蔵野線経由で中央東線に 抜けるル ...

↑このページのトップヘ