2009年08月

静岡のEF64を語る上で欠かせないのがやはりユーロラーナーとの組合せでしょうか。 冬季多客臨時列車として過去にシュプールユーロ赤倉・志賀の設定がありました。 一部の運転日を除き、ユーロライナー×6両+ユーロピア×4両と言う組成で 専用ヘッドマーク付。とてもバブ ...

過去のジョイフルトレインの画像ばかりで恐縮です。 この時は確か高崎より八王子までDD51牽引で走行し、八王子からEF64牽引となったので、 品川常駐EF64ではなく必然的に八王子常駐EF64牽引の「くつろぎ」となりました。 以前は団体臨時列車停泊場所に塩尻大門構内が挙げ ...

長野EF64は臨時客車列車や配給輸送の他に工事列車として長野・松本地区の 砕石・レール輸送等に充当されていました。信越線は長野地区担当。 篠ノ井・大糸線は松本地区担当で、松本地区は南松本を起点としていました。 この画像は夜の南松本下2番線発車と言う事で自転車 ...

基本的に機関車不足となると客車列車から甲種輸送・工事列車まで 良く充当されていた印象の強い篠ノ井のEF64-21。 大宮車両所にて全般検査を受けた際に、出で立ちはほぼ原型で出場したのですが、 篠ノ井EF64の車体にペイントされてあるエンド表記が、大宮車両所の計らい ...

いきなり最近の画像で恐縮です。EF64-37・38は長岡に旅立ち、 関東に残ったEF64-36・39は以前の華々しい活躍とは裏腹に、 以前甲府常駐にてEF64-37・38が行ってきた任務を地味にこなしています。 ただ、最近は廃車配給輸送もEF64-1030・1031・1032と共に、 編成単位以外 ...

↑このページのトップヘ