2011年01月

一年の間でも、比較的定期的にヘッドマークをつける印象がある 流鉄ですが、最近では「流馬デビュー」や「流鉄鉄道の日」「みんなの流鉄」 等が印象に残っています。ただ、嬉しい半面、ヘッドマークを付ける時期が 冬場や陽の短い時期が多いのが「前パン」好きとしては残 ...

競馬場線としては最後のさよなら興行が行われている 6000系ですが、私が昨年末の平日ダイヤ時に撮影した画像から。 一区間900mを終日往復するだけの運用ですが、沿線は 短いながら変化に富んでいるような気がします。 府中競馬正門前に空き地がありますが、ここは 真 ...

私が長野のEF64を撮り始めた頃、未だ同機はPS22形パンタグラフを 搭載しており、それが良いインパクトになっていたのを覚えています。 しかしながら、当時篠ノ井に常駐していた同機。全般検査に 入場する間際になって、2エンドのみPS17形パンタグラフに 振り返られまし ...

こうして見ると最近の事なのに、何だか懐かしい感じがします。 100周年ヘッドマーク付きの305編成。一年以上もの間、 良く撮ったと思います。それでもやはり改めて飾りっ気の無い 「すっぴんな305編成」が、とても似合う様な気がします。 秋口に江ノ電沿線に多く見られ ...

と言っても、長野電鉄への甲種輸送の一シーンになります。 5年前の4月。日本車輌製造で改造された10000形が長野へ。 この日は幸いにも長野方面への出張。そして小田急10000形の 屋代到着日でした。EF64-58牽引の到着は、地元テレビ局やら、 大いにギャラリーが多い屋代 ...

↑このページのトップヘ