2014年04月

さて、引き続き同じ場所での定点撮影を。この日は303編成+1001編成も走っていました。 今でも305編成+1001編成と言う組合せは多いですが、この頃は303+1201編成の 組合せも良く見られましたが、この時303編成の相方は1001編成となっていました。 この角度から見ても30 ...

富岡製糸場が世界遺産登録がほぼ決まりそうで動きのありそうな上信電鉄。 鎌倉が世界遺産登録へ運動している時、賛否両論もありましたし、 鎌倉と言うブランドイメージに胡座をかいている感じが好きでは無かったのですが、 富岡製糸場の世界遺産登録への道のりは何故か素 ...

昨日に引き続きちょっと前の江ノ電。ホテル下の直線での定点撮影を。 今は1001編成が纏っている登場時塗装。1001編成が復活するまでは1201編成が 最後までこの塗装で残っていた編成でした。後ろには産経新聞の広告車だった 2003編成。明るい組合せですが、配色が少なく若 ...

上信電鉄に31年ぶりに登場した自社発注車の新型車両7000形。良い意味で 上信電鉄に良く似合う車両だと思います。当初は無塗装の出で立ちでしたが、 その無塗装のキャンバスに地元学生のデザインが施され、春に改めて再出発です。 桜の中の山名駅に停車中の同車。ヘッドマ ...

今日もちょっと懐かしい江ノ電を。1000形系列が新しい標準塗装として、 20形に準じた塗装に変更されましたが、1101編成ももれなく塗装変更へ。 ただ、この塗装も結局500形に準じた塗装に改めて塗装変更になったのが、 記憶に新しい所です。この時は「カール号」だった150 ...

↑このページのトップヘ