イメージ 1

大糸線を行脚した高崎のC58-363の配給輸送です。
信州でSLが運転される機会も増えましたが、
(最近は旧型客車に重きを置いているみたいですが)
それに追随して当時はやはりSL配給輸送も運転されておりました。
D51-498のSL配給輸送はかなりありましたが、C58-363のSL配給輸送は
http://blogs.yahoo.co.jp/amano09092004/189610.html
とこの記事の輸送しか撮影しておりません。
この時は何故C58-363を登用したのか今では不明ですが、
EF64-41・42牽引コレクションに新たな種類が追加されました。