イメージ 1

続けて飯田町往復の工事列車の光景になりますが、通常牽引はEF64-37・38なのですが、
検査の都合により当時八王子にて中央東線の貨物牽引の為に常駐していた、
EF64-3・8・40が充当される事も時折ありました。この時は検査上がりで
未だ綺麗な状態のEF64-8の牽引。往路は撮る事が出来ませんでしたが、
復路のホキ800形×2両牽引の場面を中野にて撮影。通常であれば停止位置は
<10>に停車するのですが、中野7番線の出発信号は遥か高円寺方。そして
当時は受委託で八王子機関区の乗務員による運転でしたので、かなり駅先端迄
引っ張られてしまいました。ホキ800形×2両なのがせめてもの救いですが。
今でも覚えていますが停車時間が16:45-16:56(7)で、16:55に中央特快が
出発していたので、夕方ラッシュ時と相まって高密度な列車運行でした。
これも高崎所属時の光景ですが、最終的には篠ノ井に転属し、
その生涯を閉じたので、篠ノ井のEF64として処理させて頂きます。