イメージ 1

篠ノ井のEF64の中でも、個人的に一番大好きだったEF64-46の投稿になります。
ガラス押さえが白Hゴム、PS22形パンタグラフ装備を最後まで貫いた一両。
新鶴見機関区にて不慮の事故により戦線を離脱し、未だに新鶴見機関区にて
解体の時を待っています。「たら・れば」では無いですが、あの時事故に
遭っていなければ最後まで篠ノ井EF64のスターとして活躍したんではないかと
思うとやはり少々残念な気もします。そのEF64-46ですが、この日は
大宮車両所に保存の為に信州を離れるED62-17をエスコートしました。
牽引は南松本発5464列車。無動力回送指定列車でもありました。
運転は土曜日。5464列車は土曜日南松本発指定日運休となりますが、
機関車運用の都合上単機回送に。その列車に連結されました。
南松本で撮影し、茅野へ。撮影していたのは私と友人の二人だけでしたが、
私はEF64-46側から撮影→ED62-17側から撮影。友人はその逆でしたが、
友人がEF64-46側から撮影中に発車前だったので前照灯を
点けてくれたとの事です。そんな訳で私からは前照灯消灯中の姿を。。