イメージ 1

東海道線のサロ211転用。宇都宮・高崎線のサロ211組込の為、
余剰となったサハ211の廃車配給輸送に充当されたEF64-36。
少し前までこの様な俗に「死神」と言われる使い方に、
同機が使用されるとは思っても居ませんでした。
しかしながら目新しい組合せとして休日出勤前にも
関わらずスーツ姿で高崎線沿線に足を運んでしまいました。
高崎を発車したばかりの列車は高崎線沿線のカメラの放列を浴び、
ひたすら関東を南下、これから長野までの長距離をエスコートです。
この輸送は都合3回設定がありましたが、うち1回はEF64-1001。
残りの2回は両日共EF64-36が充当されました。