イメージ 1

特大貨物輸送は変圧器の都合上、同じ目的地へのアプローチにも
積車と空車の速度種別が異なったりする場合があります。
この画像のシキ550形の輸送も北長野まで行われましたが、
往路は臨時列車として。復路は信越線定期列車スジである
5374列車を使用して返却されました。直江津~北長野は
重連単機にて、シキ550形は北長野~篠ノ井までの短い区間の
返空輸送となりました。当日は真冬の信越国境を越えて来た
EF64-16がその任に宛がわれました。凍てつく北長野駅に
停車中の同列車。気温は勿論マイナスです。