イメージ 1

趣味的には地味になってしまうかも知れませんが、
事業用車のクモヤ143や145系も「前パン」の仲間になります。
私の住処の裏にある(あった)「鎌倉総合車両センター」ですが
今では工場部門を閉鎖されましたが、区画整理される事も無く、
広大な無人地帯が存在しています。その中に車籍の無い
事業用車が存在していました。クモヤ145-111とクモヤ145-2。
その中でもクモヤ145-2は特別な思い入れがありました。
この車両は以前は松本運転所所属で、当時松本に居た、
クモヤ90803と共に活躍。クモヤ90803が廃車になるにあたり、
その代替として長野から松本へクモヤ143-52が。
そして長野に残ったクモヤ90801は東京車両センターへ。
2両の事業用車を失った長野には幕張からクモユニ143-1・3
が其々配置されましたが、松本運転所の事業用車配置は1両使用減となり、
松本から鎌倉にやって来ました。当時松本に住んでいた私は、
毎朝松本運転所に佇むクモヤ145-2を見ながら出勤。
そして冬季は松本から回321Mとして南小谷まで115系の先頭に
連結され霜切りとして大糸線の影の力持ちとして活躍する姿を見ていました。
そんな訳で、何かクモヤ145-2とは不思議な縁でしたが、
同センターの閉鎖に伴い約4年前に解体されてしまいました。