イメージ 1

篠ノ井のEF64も更新工事を施工された番号が増え、
自然と更新色が、長野の「浪漫」を牽引する機会も
増えてきた時期がありましたが、この日はその更新色の
中でも嬉しい前期型のEF64-43が名古屋までエスコート。
時間帯は良くなかったので、毎度の塩尻5番線バルブにて
簡単に撮影しました。この機関車も更新化され、
未更新の仲間とは違う運命を歩んでいる機関車。
今でも元気に活躍しているそうですが、特徴機として、
前期型の貴重な生き残りとして、長い活躍を期待します。