イメージ 1

久しぶりの急行「ちくま」そして数少ない44号機の写真になります。
44号機も当時の出で立ちが、ファンとしては少し嬉しい、
PS17形パンタグラフとPS22形パンタグラフの混合機でした。
長野工場(長野総合車両所)出場のEF64は、塗装の劣化が
他の工場を出場した機関車よりも目立つような気がしていましたが、
それが篠ノ井のEF64の出で立ちを魅力的にする一因でもありました。