イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

10月24日はスハネフ14が甲種輸送で富士吉田入り。
河口湖でもイベントが行われる等、富士急沿線は
とても盛り上がった一日になりました。そんな私は
富士急線内にてスハネフ14甲種輸送を未明までバルブし、
そこから三つ峠登山口まで車を走らせ、4時間の仮眠の後、
三つ峠山への登山。14時に下山し、その足で河口湖駅へ。
停泊する車両を一通り撮影して、中央高速から帰宅の徒へ。
良く動いた一日でした。その河口湖駅では「昭和30年代カラー」
になった1202編成が停泊中でした。近くにある花壇にあった
満開の彼岸花と絡めて撮影してみました。この塗装は1000形に
良く似合っていますね。やはり18m車片扉の小田急2200・2300形
と同じような車体だからでしょうか。小田急の旧型車が引退して
かなりの時間が経過しましたが、小田急沿線住民として
現役時代に一度も会いに行けなかった事が悔やまれます。