イメージ 1

長野新幹線が開通前。信州へ向けて多くのレール輸送列車が
運転されました。多くは信越線や篠ノ井線経由にて輸送され、
EF64との組合わせを多く見ることが出来ました。しかしこの時は、
小諸よりDD16-303により小海線中込まで入線。中込へ向かう
上り列車において現場にてレールの取り卸しが行われました。
まさか、こんな深夜にDD16を撮るとは思いませんでしたが、
深夜の、今で言う佐久平駅の現場にて数時間作業が行われました。
以前はホキ車により砕石作業中は撮影した事はありましたが、
レールの撮り卸しは後にも先にもこれだけとなりました。
後ろには行く行く高架になる現在の高架線が見えますね。