イメージ 1

お座敷列車「白樺」置き換え車両として登場した「浪漫」
その「浪漫」登場時、これからのEF64-41・42との組合わせも
そんなに実現していない頃に、いきなりユーロ塗装の
EF64-66との組合わせが大糸線で実現し、我々を驚かせました。
この時は確か往路と復路の経路が異なり、復路は名古屋からの
団体臨時列車。そしてEF64-66の登場になったと覚えています。
中央西線を下り松本から大糸線へ。そして白馬で折り返し、
長野まで回送されました。途中信濃松川駅にてEF55-1と交換。
http://blogs.yahoo.co.jp/amano09092004/893997.html
登場時から色々と印象付ける活躍となりました。