イメージ 1

箱根登山鉄道のねぐらと言えば、入生田車庫ですが、
ここでは車両検査も行われており、キャパが無い事から、
夜間停泊を他の駅で行う登山電車の車両を見る事が多いです。
そんな検査も停泊も行える車庫ではありますが、
前述の通りキャパが狭いので、停泊車両+検査中の車両が
肩を並べている事も珍しくありません。この日は1003編成が
リバイバルカラーである「ベルニナ塗装」に変更される
検査中で「ベルニナ塗装」と「標準塗装」「旧型車両」と三種類の
塗装を構内の誰でも渡れる構内踏切から眺めることが出来ました。