イメージ 1

以前信州で一時的に幕張電車区から貸出され活躍した
「シャトル・マイハマ」ですが、この電車は東京・西船橋駅から
舞浜までの某鼠の国へ向けたジョイフルトレインの一種でしたが、
残念ながら失職し、新たなる活躍を始めた頃になります。
そしてその中でも「信州循環列車」として信州をぐるりと
信越~篠ノ井~中央東~小海~信越線と回る列車として
活躍する機会があり、非電化の小海線では前後にDD16の
エスコートと電源用にスハフ12を使用してスペシャルな
列車が運転されました。当時は車の免許も無く、
小海線は非常に難攻不落でしたので、手頃に乙女のカーブにて
小諸に向かう列車を撮ったのみで、今考えてみると
非常に勿体無い撮り方をしたもんだと思ってしまいます。。