イメージ 1

イメージ 2

久しぶりに伊賀鉄道でも。202編成も導入時に「忍者列車」として
活躍を始めました。201編成よりも何故か個人的には親しみやすいデザイン。
そして元東急1000系の中でも希少な中央貫通扉と言う事で、
中々お気に入りな編成です。この日の昼間は上野市と伊賀上野を
往復する運用に充当されていました。上野市で折り返しのひと時。
車体に描かれた忍者がいつもこの列車の行く進路を見つめています。
その202編成。恩田の東急テクノシステムにて出荷直前の画像も併せて。