イメージ 1

長野新幹線が開通し、今まで「あさま」で使用されていた189系ですが、
一部の車両が「あずさ」に転用される事になりました。しかしながら、
通常松本運転所183系とは、指定席・グレードアップ車の向きが異なり、
直江津の転車台を使用してクハ189の向きを変える為、
長野と直江津の間で方向転換回送が運転されました。
編成数の都合上、数回配給列車が運転されましたが、
最後の配給輸送はクハ189×4両のスペシャル編成。
そして当日は機関車不足の為、篠ノ井のEF64の充当。
何故か魔法の力で当時篠ノ井のEF64の中でも人気な
PS22形パンタグラフ装備のEF64-53の充当。
生憎の天気でしたが、嬉しい一日でありました。