イメージ 1

3月31日の最終日まで事故も無く、無事に走り終えた長野電鉄屋代線。
その屋代線に末期になると沢山の車種の車両が入線しましたが、
毎日定期列車で同線専属となっていた3500系O6編成も、
末期は赤帯を剥離され、登場時の姿にリバイバルされました。
毎日2運用をこなす地味な日々。それでもこの姿になった時に
胸を熱くした東京の方もいらっしゃると思います。
この出で立ちはやはり闇の中での姿が良く似合うと思い、
朝、須坂発屋代行始発列車の前に、須坂構内の側線に
出区シーンを撮影しに行きました。左脇には同じく
出区予定の2000系D編成も待機していますね。