イメージ 1

広島支社をはじめとする下関までの山陽本線。ここでの主役は
ほぼ経年30年以上の115系。出張に行く度に時間があれば、
基本番台車や改造車に着目し、夜に撮影に行っておりました。
写真は徳山駅にて撮影したセキC-16編成。両端はクハ115の
基本番台。中間は2000番台と言う、山陽本線らしい組成。
そして下関方のクハ115-218は基本番台の後期グループである
シャッタータイフォン装備。岡山方のクハ115-191は
大型前照灯をシールドビームに改造された通称「チク○ーム」
の広島更新色化で、瀬戸内色が大半を占めていた頃に
なんとも言えない出で立ちに・・・でも好きなんです(^^;
EF66牽引の24系寝台車廃車配給を徳山駅に撮影に行った際に、
丁度滑り込んできたのがこの編成でしたので、喜んで撮影しました。