イメージ 1

一時期良く通っていた神奈川臨海鉄道国際埠頭専用線。
一日二往復、渋川までの輸入工業岩塩を輸送していました。
横浜本牧駅から分岐するこの線は、如何にも専用線らしく、
軌道状態の悪い線路が海沿いまで延びていました。
そして終点の国際埠頭。この頃からトラック輸送が
幅を利かせており、そんな最中をのんびりと
列車がやって来ます。この周りには山の様な
工業岩塩が積んであるので独特な雰囲気の場所でした。