イメージ 1

最近では車扱い貨物の衰退と共に数を減らして来た工場専用線。
ここ富士地区も岳南鉄道の貨物扱い廃止など明るい話題が
ありませんでしたが、富士の日本製紙富士工場はコンテナ化しても
未だに現役の専用線。ここには2両のスイッチャーが居ますが、
最近貨物扱いを終えた伏木からD351が転入して来ました。
富士駅構内の雑草地帯を走り回る北陸の機関車も頼もしいものです。