イメージ 1

今までかなりEF64-41・42を追っかけて、様々な組合せを楽しみにしながら
撮影して来ましたが、後にも先にも、長野のEF64が「ゆとり」を牽引したのは、
この時だけだったと記憶しています(サロンエクスプレス東京はありしたが)
通常であれば、中央東線からやって来て、中央東線へ帰って行く「ゆとり」は
高崎のEF64の独壇場でしたが、この時は信越線からやって来て中央東線で
帰って行くルート。ようやくこの組合せを撮影出来ました。何発か撮りましたが、
今回は第三白坂トンネル手前の切り通しを。ここは初めて撮りましたが、
パンタグラフの抜き方が中々難しい場所だなと感じてその後は一回も行かず仕舞でしたが。。