イメージ 1

これも私が長野に行き始めの頃ですが、当時は信越線から篠ノ井経由で、
塩尻大門まで高崎の「やすらぎ」「くつろぎ」が頻繁に入線していました。
長野のEF64は2両なので「白樺」に1両。他に工事列車やマヤ車等の運用が入ると
一番走行距離の少ない篠ノ井線の団体臨時列車に貨物機が充当されていました。
この日の「やすらぎ」にはEF64-55が充当。白Hゴムの後期型ですが、
この時期の団体臨時列車にはこのタイプが多く充当されていたので溜息でした。。