イメージ 1

通常は品川に常駐していたEF64-36・39。首都圏から
甲信越方面への団体臨時列車の牽引が主で、
工事列車は専ら八王子常駐のEF64-37・38が主でした。
ただ、この時はイレギュラーが発生。浪漫を牽引し東海道運用で
帰路の新鶴見にやって来た、EF64-42。ここで機械室から出火。。
新鶴見にいた篠ノ井のEF64重連の一両、EF64-19を浪漫牽引に充当させ、
重連運用で一両を失った篠ノ井EF64の代走に
品川から新鶴見へEF64-36が片割れのEF64として手配され、
そのまま新鶴見からの重連貨物の先頭に充当されました。
EF64-36にとってもこの時が久しぶりの重連総括だったでしょうか。
八王子常駐機の貨物牽引は時折見られましたが、
品川常駐機の貨物牽引は後にも先にもこの時だけでした。
夜の立川下1番線にて出発を待つ誇らしい姿を。