イメージ 1

西上田でまだ貨物扱いが行われていた頃は、
篠ノ井での間合いで愛知のEF64が西上田まで入線する運用が。
その列車でやはり気になるのがEF64-77充当時。
撮影する場所は余り限られてしまいますが、
それでも撮影に行く機会がありました。
信越線(しなの鉄道線)沿線も、以前は田中・西上田・坂城
・戸倉(砕石のみ)・屋代で貨物扱いをしていましたが、
今や残るのは坂城のみ。寂しくなってしまいました。