イメージ 1

四日市の専用線の中でも面白みのある太平洋セメント。
今は現存しませんが、当時お気に入りだったND55219が
充当されている時は喜びも一入でございました。
JRからの継承で積車を工場へ引き出す瞬間。
最近の機関車では見れなくなった煤煙を盛大に吹き出して、
ゆっくりと出発して行きました。