イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

これも貼り忘れていましたが、5609編成の搬入作業。
位置を小まめに調整したクレーンにより、モノレールの桁を
挟むようにワイヤーを吊るし、車体を桁に合わせるように
浮揚させ、用意されていた台車とドッキング。手押しにて終了で、
中々見ごたえのある作業でした。そしてこの5609編成はここから
「地に足のつかない」活躍が始まるわけですね。