イメージ 1

以前、DD16の検査は長野総合車両所が受け持っていましたが、
いつしか土崎工場(現秋田総合車両センター)へとなりました。
長野までですと、篠ノ井から長野までの単機回送で済んでいたものが、
秋田入場に伴い配給輸送へと。その際に実現したのが、
EF64+DD16の組合せでした。基本的に冬季対策の
冬場を除いた時期の配給。時刻も午前だったり午後だったり
まちまちでしたが、この日は午前に設定された、
EF64-42+DD16-302(両頭ラッセル)を川中島にて。
(過去記事を加筆修正してあります)