イメージ 1

EF64-8が高崎機関区時代の光景になります。
当時はEF64-3・8・40の内二両が重連総括制御にて
八王子~ヨ5467列車~南松本~単1467列車~篠ノ井~5460列車~八王子
の行路で日々篠ノ井と八王子の間を往復していました。
しかしこの日は中央西線からEF64-65牽引のシキ1000形×1両
の特大貨物輸送があり、機関車回送と特大貨物輸送を同時に
篠ノ井へ送り込まれる措置が取られ、南松本にて両列車同士を連結。
南松本~篠ノ井の9467列車としてEF64三重連特大貨物輸送が運転されました。
早朝の運転時刻ではありますが、大名行列の様な迫力の組成で、
我々を楽しませてくれました。EF64-65も愛知機関区で唯一の
PS17・PS22形パンタグラフの混合で、良いアクセントとなりました。
(過去記事を加筆修正してあります)