イメージ 1

高崎に配置されている頃は基本的な行路も少なく、
余り汚れる事も無く状態的には綺麗な姿をしていた同機ですが、
篠ノ井に配置されたとたん広域運用に他機共々充当されるようになり、
塗装の光沢も無くなり、既に現役機的な出で立ちになっていました。
この日は大阪行き急行「ちくま」4802列車を名古屋まで牽引。
落成時は板谷を走り、活躍の場を甲信越に移し、分割民営化で
JR貨物に振分けられ、高崎から篠ノ井に転属する半生でしたが、
この時期に改めて旅客列車の先頭に立つ姿は想像も出来ませんでした。
(過去記事を加筆修正しました)