イメージ 1

長野市にありながら、大半の利用客が中野市から来ると言う、
千曲川沿いの無人駅立ヶ花。朝はかなりの利用客がいますが、
日中は列車の間隔が空いても休日の昼間ともなると、利用客もまばら。
そんな立ヶ花駅に、136Dが差し掛かります。因みにこの列車を逃すと
次は2時間9分上り列車がありません。。