イメージ 1

どんなに車社会になっても、ご老人や未成年の貴重な足、公共交通機関。
朝の飯山線、163Dと交換する126Dを待つ人。少ない乗客でもどんな天候でも
毎日定時にやって来る列車は、交通弱者にとっては頼りになる存在ですね。