カテゴリ:EF64[静岡] > EF64-2[静]

つい先日http://blogs.yahoo.co.jp/amano09092004/15711799.html を貼ったばかりですがその時に撮った画像をもう一枚。 全般検査後初運用と言う事と、春の晴天時と言う事も有り、 余りの嬉しさに翌日までの停泊先、富士宮駅まで足を伸ばしてみました。 側線にパンタグラ ...

これも、冬季のスキー団体臨時列車になります。 この頃は私も未だ信州に行き始めで、撮影地も 何処で撮って良いか判らない状態でした。 スキー団体臨時列車としては珍しく夕方までの間、 豊野駅まで回送され、パンタを上げた状態で、 発車までの数時間滞在していました ...

冬のスキー団体臨時列車でのシーンを。以前にも書きましたが、 冬場は怒涛の如く長野支社まで客車列車の設定があり、 旅客会社のEF64や時折貨物会社のEF64まで借りて、 多くの客車列車に充当される事がありました。 その中でも、稼動するEF64の中では一番の最古参EF64-2 ...

冬季スキー臨時列車の中で運転された、名古屋口からの14系×5両。 この時の牽引にはEF64-2が充当されました。普段沼津にて地味な生活を 送っていたEF64-2も、冬季はスキー臨時列車に借出され、 老体に鞭打ちながら中央西線を何往復も運転されるのです。 写真のEF64-2は ...

EF64-35がユーロライナー専用機となってから、 もっぱら沼津に常駐する事が多くなったEF64-2。 以前は沼津に12系和式客車も配置されていたため、 基本的に同一行動で動くことも少なくありませんでした。 この日はJR東日本エリアの黒磯まで入線。機関車交換簡略化で、 ...

↑このページのトップヘ