カテゴリ:EF64[篠ノ井] > EF64-64[篠]

引き続いてEF64-64更新の写真を貼ります。大宮を更新工事施行で出場した、 EF64-64はEF64-49と比べて当初より地道に貨物列車の先頭に立っていましたが、 この日は竜王発の特大貨物輸送に充当されました。中央東線に特大貨物と 言うのも珍しいですが、それに加えEF64更新 ...

いよいよ篠ノ井に保留車として放置されていたEF64-64も解体が始まりました。 EF64-64がEF64-49に続き更新工事化され、篠ノ井まで回送された時の一枚を。 EF64-49は既にhttp://blogs.yahoo.co.jp/amano09092004/2013998.htmlや 14系寝台車牽引等、話題を振り撒いて、当時 ...

EF64-49に続いて登場した大宮更新機。EF64-64。 今じゃ更新機が多勢で、当たり前な時代ですが、 当時の篠ノ井のEF64では所謂「ネタ釜」扱いでした。 そのEF64-64が単機として運用に入ったのが、 冬季を主に運転されていた篠ノ井線の昼行貨物で 単機牽引の8684列車・868 ...

再び篠ノ井線の5460列車のシリーズになります。同列車は EF64・DE10等の無動力回送の他に、伊那松島に常駐していた 篠ノ井のED62の検査の際の無動力回送も行われていました。 この日は未更新ながら、長野総合車両所にて突如として 貨物更新色にて登場し、飯田線の話題を ...

篠ノ井のEF64は、車輪削正や台車検査等の際は愛知機関区にて施行していました。 その際、上りは篠ノ井~5872列車~南松本~5882列車~稲沢。 下りは稲沢~5883列車~南松本~5377列車(後の5375列車)~篠ノ井 にて回送が行われていましたが、無動力回送では無く、 愛知の ...

↑このページのトップヘ